内定者懇談会を実施しました。

2月 22nd, 2019

平成31年3月に入社する新入社員の
内定者懇談会を開催しました。

今年は3名の栄養士さんが入社予定です。

配属先の先輩も同席し、顔合わせと自己紹介を
しました。
3月から入社前研修として、実際に現場に入って
パートさんたちと一緒に勤務します。
入社前研修は、事業所の雰囲気に慣れ、
4月から正式に配属になった時に、
スムーズに業務につけることを
目的としています。

社長より、「”卒業”とは新たな始まりの意味もあり、
新しい世界に飛び込んでいってほしい」と
激励の言葉がありました。

懇談会の最後には先輩からの激励の言葉として、
「体を壊さないように、よく食べよく寝てください」
「わからないことがあれば、先輩にすぐ聞いてください」
「つらいこともあると思うので、同期とはよく助け合ってください」
といった言葉が送られました。

太巻きを手巻きしました。

2月 22nd, 2019

2月3日の節分の日に松井サテライトで
行事食を提供しました。
メニューは助六(いなり・太巻き)、魚のとろろ蒸、
カブの浅漬け、清汁、節分たまごボーロです。

太巻きは調理師の仲村さんが手巻きし、
10本ほど巻きましたが、きれいにできました。

粥の方には、卵粥を提供しています。

とろろ蒸しの人参や、清汁、いちごの彩りがよく、
春先取りの献立となりました。

新しい取り組みがスタートしました。

2月 14th, 2019

2月1日より、富山県富山市の総合病院とリハビリテーション病院の
給食受託が始まりました。3食すべて再加熱カートで事前にセットし、
再加熱をして食事を提供します。

3食すべて再加熱カートで提供するのは
初めての試みです。
また、現場調理をせず、すべてアルス・ケータリング・システム
病院の献立を組むことも初めて挑戦しました。

再加熱カートでの提供は、ご飯の固さの調整や
再加熱後の料理のできあがり具合など、
現場調理をして提供するのとは違った難しさがあります。

米所の富山県なので特にご飯の出来上がりの試作を
何回か行いました。水分量の調整が難しくやっと高評価を
いただきました。

これからも課題はありますが、一つ一つ解決して、
再加熱カートの運用を確立していきます。

笑顔の鬼、登場!

2月 5th, 2019

春日部サテライトで、節分メニューとして太巻きといなり寿司
提供しました。
お粥の方は粥ちらしです。

太巻きは1本ずつ手巻きしました。多くの利用者様が全て召し上がっていたので、
巻くのが大変でしたが頑張って作ってよかったなと思いました。

デザートのババロアも節分バージョンです。

午後は調理師の中村さんがデイサービスの豆まきに参加し、
笑顔がやさしい黒鬼(こん棒付き)が登場しました。

太巻きが好評でした。

2月 4th, 2019

広島サテライトで、2月3日の節分に合わせて
行事食を提供しました。

献立は、のり巻きといなり寿司、五目煮豆 、
小松菜の煮浸し、いわしのつみれ汁、練りきりです。

いわしのつみれ汁のつみれは
アルス・ケータリング・システムの
商品を使用しました。

はじめて提供した巻き寿司は
とても好評でした。